株式や為替(FX)のチャートがリアルタイムで見れる。さまざまなテクニカル分析が出来るサイトです。トレードの参考にぜひご利用ください。

最終更新日:2022-07-01 17:47:00

5659 | 日本精線 前日終値 : 4,195円 ( -20 円 ) | [決算]第1四半期 : 07月28日 ( 53913600日後 )


それぞれのグラフの右上近辺にマウスを合わせると、 が表示されます。クリックしますと、グラフが大きくなります。
こちらのチャートは時価総額を基準として書き出しておりますので、増資や償却などがありますとYahooなどの株のチャートパターンと異なります。

こちらのチャートは、日本精線のRSIになります。
RSI(相対力指数)は、オシレーター系のテクニカル指標になります。
RSIは0%~100%の間で推移しますが、RSIの数値が大きい程、上昇分の値幅が大きく、相場が強いと判断します。
一般的には、逆張りシグナルとして活用され、RSIが70%~80%を超えると買われ過ぎ、反対に20%~30%を割り込むと売られ過ぎと判断し、逆張りの目安として使われる手法が一般的です。
さらに、ダイバージェンスという見方があります。これは、値動きが直近の高値を更新(または安値を更新)しているのに、RSIが高値(安値)を更新していないというように、値動きとRSIの動きが逆行することをダイバージェンス(逆行現象)といい、直前までの値動きのトレンドが続かずに相場の調整や反転を示唆する有力なサインとして有効的です。